ギリシャ・ラテン文学

あまりなじみ無いギリシャ・ラテン文学を集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

タウリケーのイーピゲネイア (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
父アガメムノーンによって生贄にされた悲運の王女イーピゲネイア。奇跡的に女神アルテミスに救われ、今はタウリケーで望郷の日々を過ごす。そこへやってきたのが母殺しの罪によって故郷を追放された弟オレステース。二人はいかにして互いの素性に気づくのか。ギリシア三大悲劇詩人エウリーピデースの後期を代表する作品。新訳。

イソップ寓話―その伝承と変容 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
動物に仮託して人間生活の諸相を描いたイソップ寓話。「兎と亀」「蟻ときりぎりす」「牛のまねをする蛙」「狐とぶどう」――西欧はもとより日本においても、これらの話を知らぬ者はいまい。では、イソップその人についてや、イソップ寓話の成立についてはどうか?
古今の文献を駆使してその成立と伝承の歴史をたどり、わが国への伝来とその変容、普及の過程を究明する。


内容(「BOOK」データベースより)
動物に仮託して人間生活の諸相を描いたイソップ寓話。「兎と亀」「蟻ときりぎりす」「牛のまねをする蛙」「狐とぶどう」―西欧はもとより日本においても、これらの話を知らぬ者はいまい。では、イソップその人についてや、イソップ寓話の成立についてはどうか?古今の文献を駆使してその成立と伝承の歴史をたどり、わが国への伝来とその変容、普及の過程を究明する。

オデュッセイアー (下) (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
岩波文庫を底本に、名著・古典籍を復刻刊行するシリーズ。「オデュッセイアー」を収録。※旧版からの復刻のため、一部読みにくいページがございます。

オデュッセイア〈下〉 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
(下)には第一三歌から第二四歌を収める。怪物たちとの戦いや冥界訪問など、オデュッセウス自身の語る奇怪な漂流冒険譚は終わりを告げて、物語はいよいよ、オデュッセウスの帰国、そして留守の間妻を苦しめていた悪逆な者たちへの復讐という、劇的な盛り上りに満ちた大英雄叙事詩のクライマックスへと突き進んでゆく。

内容(「MARC」データベースより)
オデュッセウス自身の語る奇怪な漂流冒険譚は終わり、オデュッセウスの帰国、留守の間妻を苦しめていた悪逆な者たちへの復讐という劇的なクライマックスへ突き進んでゆく。第13歌から第24歌を収める。94年刊のワイド版。

神曲 中 岩波文庫 赤 701-2 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
ウェルギリウスはダンテを導いて海浜より登り、たえず右に道をとりつつ門内外の各圏・各地を歴程して遂に楽園に達し、ベアトリーチェ現わるるに及びて去る。両詩人が海浜に立ちてよりダンテが楽園の水を飲むに至るまでに経過せる時間は三昼夜と約七時間なり。

ヘレネー誘拐・トロイア落城 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
トロイア戦争は世に名高いが、戦争の発端の一部始終を伝える作品となると、『ヘレネー誘拐』が現存するのみである。一方、戦争最後の夜の悲劇に焦点を絞り、有名な「トロイアの木馬」の製作過程を詳述した作品も『トロイア落城』の他にない。クイントゥス作『トロイア戦記』と相互補完し、トロイア戦争の全容把握に不可欠な小叙事詩二篇。本邦初訳。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
松田 治
1940年、鹿児島県奄美大島生まれ。東京教育大学文学部卒業(言語学)。東京大学大学院修士課程修了(西洋古典学)。現在、つくば国際大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ラテン文学を学ぶ人のために (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
ギリシア古典の精髄をヨーロッパに伝え、近代文学の母胎となったラテン語ラテン文学の世界へ誘う、初の本格的ラテン文学史。

内容(「MARC」データベースより)
ギリシア古典の精髄をヨーロッパに伝え、近代文学の母胎となったラテン語ラテン文学。文学史的観点からラテン文学の発展をたどり、その特質と独創性に光をあてた初の本格的ラテン文学史。

サテュリコン―古代ローマの諷刺小説 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
美貌の少年奴隷をはさんで争いながら南イタリアを放浪する二人の青年を中心に,好色無頼の男や女が入り乱れる.小説『サテュリコン』はまさに古代ローマの爛熟が生み落した「悪の華」だ.とりわけ,奴隷あがりの成金富豪が催す《トリマルキオンの饗宴》の場面は古来有名.セネカの諷刺短篇『アポコロキュントシス』を併載.

内容(「BOOK」データベースより)
美貌の少年奴隷をはさんで争いながら南イタリアを放浪する2人の青年を中心に、好色無頼の男や女が入り乱れる。小説『サテュリコン』はまさに古代ローマの爛熟が生み落した「悪の華」だ。とりわけ、奴隷あがりの成金富豪が催す〈トリマキオンの饗宴〉の場面は古来有名。セネカの諷刺短篇『アポコロキュントシス』を併載。

神曲 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
ヨーロッパ中世にひときわ高くそびえ立つ大古典「神曲」を清新な名訳として定評のある平川訳で贈る。絢爛たるイメージに満ちた壮大な物語。

ギリシア悲劇〈3〉エウリピデス〈上〉 (文庫)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
エウリピデス
480B.C.~406B.C.アイスキュロス、ソポクレスとならんだギリシア三大悲劇詩人の一人。アテナイの名門に生まれ、25歳~30歳で劇壇にデビュー。その活動は半世紀に及び、ソポクレスとともにアテナイ劇壇の重鎮であった。生涯の作品数は75篇とも80篇ともいわれる。晩年、マケドニアの王アルケラオスに招かれ、その地で客死した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{鶯谷・うぐいすだに} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {美容外科} {東京ぶらぶら} {墨田区紀行} {GOGO!江戸川区!} {アキバ中毒のページ} {台東紀行} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {高収入バイト情報} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {電子たばこ}
{大好きSF/ホラー} {詩集集}

ooo-うぐいす谷Guide-ooo 千葉県の民俗・風俗ooo 中野区居住化計画ooo おそれ入谷の鬼子母神ooo なでしこJAPANooo 千葉県の天然記念物一覧ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo Simple Smoker(シンプルスモーカー)ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo ぎょうざ@千葉ooo Fight!格闘技オタク!ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo もっと知りたい!練馬区ooo 山手線で行く!Libraryooo 電子たばこooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo