ギリシャ・ラテン文学

あまりなじみ無いギリシャ・ラテン文学を集めてみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

狂えるオルランド (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
爛熟するルネッサンスの想像力が生んだ驚嘆の一大叙事詩!悲劇的でありつつもコミカルで、抒情的でありながらも勇壮な、―すべての要素をまとめ上げ、ヨーロッパ文学を完成の極致にまで高めた、めくるめく恋と冒険の物語。

内容(「MARC」データベースより)
爛熟するルネサンスの想像力が完成させた、恋と冒険の物語にして、16世紀の一大ベストセラー。悲劇的でありつつもコミカルで、抒情的でありながらも勇壮で、当時のヨーロッパ文学を完成の極致まで高めた作品。

レオパルディ カンティ (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
ニーチェからカルヴィーノまで、また漱石から三島まで、多くの魂を共振させた近代イタリア最大の詩人レオパルディ。西洋文学の深い流れを汲んだ「思索する詩人」が、ペシミズムの極限に見出した世界とは。その詩と散文の代表作を、彫琢された日本語で見事に再現。

内容(「MARC」データベースより)
ニーチェから漱石まで、多くの魂を共振させた近代イタリア最大の詩人レオパルディ。西洋文学の深い流れを汲んだ「思索する詩人」がペシミズムの極致に見出した世界とは。その詩と散文の代表作を、日本語で見事に再現する。

イソップ寓話―その伝承と変容 (文庫)

出版社/著者からの内容紹介
動物に仮託して人間生活の諸相を描いたイソップ寓話。「兎と亀」「蟻ときりぎりす」「牛のまねをする蛙」「狐とぶどう」――西欧はもとより日本においても、これらの話を知らぬ者はいまい。では、イソップその人についてや、イソップ寓話の成立についてはどうか?
古今の文献を駆使してその成立と伝承の歴史をたどり、わが国への伝来とその変容、普及の過程を究明する。


内容(「BOOK」データベースより)
動物に仮託して人間生活の諸相を描いたイソップ寓話。「兎と亀」「蟻ときりぎりす」「牛のまねをする蛙」「狐とぶどう」―西欧はもとより日本においても、これらの話を知らぬ者はいまい。では、イソップその人についてや、イソップ寓話の成立についてはどうか?古今の文献を駆使してその成立と伝承の歴史をたどり、わが国への伝来とその変容、普及の過程を究明する。

イソップ物語 (単行本)

出版社/著者からの内容紹介
イソップが語った巧みなたとえ話「セミとアリ」「北風と太陽」など、代表的なもの三十一編を収録しています。


内容(「BOOK」データベースより)
あなたはだれににてますか?ウサギどんは自信たっぷり。セミくんはあそぶの大すき。ライオンさんは力じまん。カササギちゃんはみえっぱり。どんな人にだって、おとし穴があります。どんなタイプのあなたにも、ころばぬさきのイソップ物語。

オウィディウス 変身物語〈上〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
古代ローマの天成の詩人オウィディウスが、ストーリーテラーとしての手腕を存分に発揮したこの作品には、「ナルキッソスとエコー」など変身を主要モチーフとする物語が大小あわせて250もふくまれている。さながらそれはギリシア・ローマの神話と伝説の一大集成である。ラテン語原典の語り口をみごとに移しえた散文訳。

神曲 下  岩波文庫 赤 701-3 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
ダンテは地上の楽園を離れ、ベアトリーチェに導かれつつ昇りゆき、地球に最も近き天より次第に遠き天に至り、遂に至高の天に達す。ベアトリーチェに代りて聖ベルナルドゥスの教えを受けまたその助けによりて至上の光明を仰ぎ、ここに最後の天啓を受く。

ホメロス オデュッセイア〈上〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
トロイア戦争が終結。英雄オデュッセウスは故国イタケへの帰途、嵐に襲われて漂流、さらに10年にわたる冒険が始まる。『イリアス』とともにヨーロッパ文学の源泉と仰がれる、ギリシア最古の大英雄叙事詩の、新たな訳者による新版。(全二冊)

内容(「MARC」データベースより)
トロイア戦争が終結。英雄オデュッセウスは故国イタケへの帰途、嵐に襲われて漂流し、さらに10年にわたる冒険が始まる。ヨーロッパ文学の源泉、ギリシア最古の大英雄叙事詩。94年刊のワイド版。 --このテキストは、 単行本 版に関連付けられています。

ギリシア神話 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
数多い神話の中でも、すぐれて力強く、豊かな魅力にあふれたギリシア神話を、格調高い訳文と絵で贈ります。小学校中学年以上。

内容(「MARC」データベースより)
プロメテウスの火、パンドラ、ヘラクレスの十二のぼうけん、ダイダロスとイカロス…。数多い神話の中でもすぐれて力強く、豊かな魅力にあふれたギリシア神話を、格調高い訳文と絵で紹介。58年あかね書房刊の復刊。

アモルとプシュケ (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
シェイクスピアも親炙し、エズラ・パウンドも心酔した、アプレイウスの『アモルとプシュケ』。M・クリンガーの挿絵と一緒に楽しもう。

内容(「MARC」データベースより)
シェイクスピアも親炙し、エズラ・パウンドも心酔した、アプレイウスの「アモルとプシュケ」を、M・クリンガーの挿絵と一緒に楽しむ。巻末には、明治34年の戸沢姑射氏訳述の復刻(「愛と心」)も付録として加えた。

トロイア戦記 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
『トロイア戦記』はホメーロスの『イーリアス』と『オデュッセイア』を架橋する壮大な長編叙事詩である。作者は三世紀のギリシャの詩人クイントゥス。『イーリアス』のあとを受け、アマゾーンの女王の華麗な活躍、戦争の端緒を開いた王子パリスの末路、木馬作戦の顛末、絶世の美女ヘレネーの数奇な運命等、魅力あふれる多数の挿話をちりばめつつ、トロイア崩壊までを描く。本邦初訳。

著者紹介
【松田治】
1940年、鹿児島県奄美大島生まれ。東京教育大学文学部卒業(言語学)。東京大学大学院修士課程修了(西洋古典学)。現在、つくば国際大学教授。著書に『ローマ神話の発生』『アエネアスの冒険』『古代神話の英雄像』、訳書に『ギリシア神話の本質』(共訳)等がある。

{鶯谷・うぐいすだに} {千葉の印刷なら千代田印刷} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {美容外科} {東京ぶらぶら} {墨田区紀行} {GOGO!江戸川区!} {アキバ中毒のページ} {台東紀行} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {高収入バイト情報} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {電子たばこ}

ooo渋谷ぶらりooo ひんやりooo 葛飾区を知れ!ooo リネージュIIクロニクル2ooo デジモク-DIGIMOKU-ooo 新聞を読もう!ooo 千葉鉄男の千葉を走る鉄道集ooo パソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo アメ横一番!ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 荒川区の情報を調べる会ooo 自作PCに挑戦(千葉中心)!ooo -うぐいす谷Guide-ooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo 千葉花火大会情報。千葉はナビ!ooo 庭いじり道/ホームセンター大好き@千葉市ooo 千葉県の施設ooo 新型インフルエンザマスクooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo